育毛スカルプ製品orAGA治療薬

近年、AGA治療の側面が高くなり、医療により薄毛が治療可能となると、医療ではなく育毛剤や育毛シャンプーなどのスカルプケア製品にも注目が集まり、これまであきらめていた薄毛の人にも大きな期待が持てるようになりました。
AGA治療では、主に薬剤を使用した治療で、発毛医療として行われます。
一方で、シャンプー剤やヘアエッセンスなどに育毛成分が含まれるスカルプケア製品では、育毛という概念で開発が行われています。
ここで言う、発毛と育毛の差とは、発毛は髪が生える(もしくは生やす)ということで、育毛は髪を育てるというニュアンスの違いがあり、これが様々な議論となっています。
医療における発毛は、強制的に髪が生える状態にし、確率の高い発毛が可能です。
スカルプケア製品の使用では、髪が生えやすい環境を整えることであり、発毛の可能性をアップさせることです。
この異なる2つの概念は、明確な違いとして効果があり、AGA治療では、問診や検査の結果治療をスタートさせると高い治療効果が得られることが分かっており、育毛剤などの使用は確かな効果を確認するだけのデータが乏しいことです。
医療はエビデンスにおいてはっきりとしています。
しかしながら、なぜ、これほどにスカルプケア製品が売り上げを伸ばし、巨大市場を形成しているのかと言えば、AGA治療にある副作用が治療の副産物として大きくとらえられているからです。
副作用として性欲減退、動悸、発作、発汗、血圧上昇などがあり、また、治療を中止すると元に戻るという性質もあるため、副作用のない安全な方法としてスカルプケアを選択する人が多いのです。
しかしながら、育毛剤の多くは効果が乏しく、誇大広告として宣伝されているものが多く、また、医療において副作用は主作用を得るために仕方なく出ものであり、副作用という情報が主作用を高めるため、医師によるコントロールが良いとされる考え方もあります。

ページトップへ